忍者ブログ
木目込み人形のことを中心に更新しています
[1]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

木目込み人形について

いまからおよそ260年前の江戸元文年間に、京都の上賀茂神社に仕えていた高橋忠重という人が作った小ぶりの人形が「木目込人形」の始まりとされています。その人形は鴨川のほとりの柳の木を素材に木彫をほどこし、そこに溝を掘り神官の衣裳の端切れをきめこんだものでした。この「木目込人形」の技を継ぎ、磨き上げられた伝統技法を現代に伝えるのが真多呂人形です。

木目込み人形の作り方

木目込み人形とは、ボディ(本体)の溝にのりをつけて、そこ
に布地(金襴、ちりめん、など)を木目込んでいきます。
色あせてきたら、布地を新しいものにかえることもできます。
ボディは、桐粉を固めてつくってあります。そのボディの溝に
のりを入れて、布地を木目込んでいくので、木目込み人形と
いいます。

金襴


ちりめん



作業手順
1,人形のボディに頭と手、位置の所に彫刻刀で穴をあけます。



2,ボディは、でこぼこしている爲、紙やすりで表面を、きれいに磨きます。
(滑らかになるまで)



3,ボディの溝に、目打ちを使い溝に糊を入れます。



4,布目を確かめてボディの溝に、布を差し込んでいきます。
   布がボディに自然にフイットする様に



5,ボディに、頭と手をボンドで固定します。
  最後に、糸くず等が、出てないか良く点検して出来上がりです。




人形の販売もしています




人形の名前  目隠し鬼さん
人形の高さ  15cm
販売価格   15,000円





人形の名前  謝恩会
人形の高さ  25cm
販売価格   15,000円
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:
ブログ紹介:「木目込み人形」
母親がブログを作ったので、紹介させていただきます。  木目込み人形 木目込み人形の真多呂人形 で教授の免状をいただいておりまして 「ホームページを作りたい」とかは言っていたのですが、なかなか作業してあげることも出来ず 「ブログなら自分ひとりでできるかな」
WEBLINK[URL] 【2008/02/07 22:49】
ブログ紹介:「yukikoの木目込み人形の部屋 」
私どもの売店で、木目込み人形をお預かりしている方のブログです。  yukikoの木目込み人形の部屋
WEBLINK[URL] 【2008/02/08 12:47】


忍者ブログ [PR]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリー
最新CM
最新記事
最新TB
プロフィール
HN:
教授:yukiko
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
最古記事
カウンタ
ブログ解析
アクセス解析